変動金利の基本的なルールとリスク

変動金利の基本的なルールとリスク

変動金利の基本的なルールとリスク

変動金利の3つのルール

 

半年ルール

適用金利は半年に1回見直される。
ただし、5年間は返済額がかわらない。
適用金利の辺海は元金・利息の割合で調整される。

 

金利が上昇すると⇒元金の減り方が遅くなる
金利が低下すると⇒元金の減り方が早くなる

 

元金分が少なくなるということは「借りた金額」がなかなか減らないということになる、
極端な話、未払い利息が発生して、元金が減るどころか、返済額が増える

 

未払い利息のリスク

たとえば、返済額が10万として金利の上昇により利息が11万になると、返済しても利息の残金が残ってしまう。
現在の金利水準では適用金利2.5%以上アップで危険性が高い。

5年ルール

毎月の返済額は5年に1回見直される

 

金利上昇なら⇒毎月返済額が増える
金利低下なら⇒毎月返済額が減る

 

1.25倍ルール

5年ルールで増える返済額の増加率は、1.25倍が上限。

 

変動金利と固定金利
お得な住宅ローン勉強の入門・一括比較・借り換えなどの方法を紹介。変動金利と固定金利
変動金利のリスクを小さくする方法
変動金利のリスクを小さくする方法。住宅ローンの基本
元利均等返済と元金均等返済とは
お得な住宅ローン勉強の入門・一括比較・借り換えなどの方法を紹介。住宅ローンの基本

ホーム RSS購読 サイトマップ