変動金利と固定金利

変動金利と固定金利

変動金利と固定金利

固定金利と変動金利はここが違う!

変動金利

金利
  • 市中の金利動向によって適用金利が変わる
  • 運用金利の見直しは半年に1回
返済額
  • 5年間は返済額が変わらない
  • 5年以内の金利変化は、元金・利息分の割合で調整される
  • 返済額の見直しは5年に1回
  • 返済額増額の場合は増額率25%が上限
メリット
当初の金利が低い(返済額が少なくて済む。)
金利が下がれば、返済額が少なくて済む
一括繰り上げなどの手数料が少なくて済む。
デメリット
金利が上がれば、返済額が増える。
返済額が変動するため、資金計画を立てにくい。
金利が大幅にあがると、未払い利息が発生することがある。

(全期間)固定金利型

金利・返済額
共に変わらない
メリット
市中金利が上昇しても、完済まで適用金利が上がらない
返済額が変わらないので、返済計画が立てやすい
デメリット
金利が上がれば、返済額が増える。
返済額が変動するため、資金計画を立てにくい。
金利が大幅に上がると、未払い利息が発生することがある。

まとめ

変動金利型の適用金利は、市中の金利動向によって変わる。
多少返済額が増えても家計に影響しないような、慎重な資金計画が必要。
全期間固定金利型は、市中の金利が変わっても適用金利は変わらない。
変動金利型は、一部繰り上げ返済などの手数料が安く済む。
変動金利の基本的なルールとリスク
変動金利の基本的なルールとリスク。住宅ローンの基本
変動金利のリスクを小さくする方法
変動金利のリスクを小さくする方法。住宅ローンの基本
元利均等返済と元金均等返済とは
お得な住宅ローン勉強の入門・一括比較・借り換えなどの方法を紹介。住宅ローンの基本

ホーム RSS購読 サイトマップ